Sleek MakeUP Colour Corrector Palette

Sleek MakeUP Colour Corrector Palette€10.49

カラーコレクターが欲しいなあと物色していたときにSleekからでるよ、と教えてもらって発売を待っていたカラーコレクターパレット

カラーコレクターをとにかく使ってみたくてなるべく安く手に入れたかったので、Sleekがだしてくれたのはありがたい。
チープなカラーコレクターパレットはNYXからもCOLOR CORRECTING PALETTEが出てるんだけど、パステルカラーだから明るい肌向けってレビューがあったりショッピング代行使わないと買えなかったりで、直接買えて送料も安いSleekにしてみた。

ご存じカラーコレクターは肌の色ムラやクマなどに補色をのせて色を打ち消して肌の色を整えるアイテムで、Sleekの解説によると
グリーンは赤みを打ち消すのに使用。傷痕や傷に
ライラックは黄みを打ち消すのに使用。肌の黄ばみを明るく、顔色をよく見せる
ブルーはオレンジを打ち消すのに使用。そばかすに
ローズは輝きを与える効果がある。シミに
イエローはパープルを打ち消すのに使用。血管やクマに
オレンジはブルーを打ち消すのに使用。ミディアムスキントーンのクマに
使うといいらしい。

濃くのせたところ


薄くのせたところ

ちょっとネオンな発色で薄くのせても色の違いがわかる。

この動画みたいに顔全体にがっつりのせる使い方もあるけど、厚塗りになるので

公式の動画みたいに気になるところだけのせるナチュラルな使い方が好み。

化粧下地、カラーコレクターパレット、リキッドファンデーション、コンシーラーの順で使用。
最初は公式の動画を参考にしてつかったんだけど、動画みたいにきれいにぼかせなかった。

私が油分なしスキンケアなせいかうっかり多く肌にのせてしまうと固定されて、強く擦らないとぼかせないし、ぼかそうとしてもむらになってしまう。
逆に言うとぴたっと肌に密着してよれないので、うすーく慎重にのせるといい感じ。
私はファンデーションブラシだとうまくのせられなくて、シグマの3DHDのちっちゃい方のブラシ使ってる。でもこれだと小さすぎて広い面積を塗りたい時面倒くさいので3DHDカブキブラシがほしいなー。

3DHDツョ Precision Brush
私はkat von dのアイベースを使っていて、これが黄みが強くて補正力抜群だから、額、頬、鼻、口周りにはスリークのカラーコレクターパレットで十分だけど目の下のくまはkatのアイベースの方が仕上がりがきれい。

薄くのせてもまあまあ白くなるので顔全体に使うならいつも標準色使用ぐらいの肌の私はファンデーションのトーン下げないといけない。
ぺたぺた気になるところだけ塗ると肌がむらっぽく見えるので、気になる箇所だけよりは顔で明るくする場所を明確に決めていた方が立体感がでて自然に仕上がった。
私は肌が弱い方なんだけど密着力があるのに毎日使っていても肌は荒れてない。

額、鼻筋、頬にブルー、小鼻の赤みにグリーン、口周りはローズとライラックを使ってる。
肌の色むらが緩和されて、顔色がすっきり。
ネオンっぽい発色で透明感がある仕上がりになる。
色補正効果のある化粧下地だと顔全体にのせるから首とのつながりがおかしくなって使わなかったんだけど、全体にのせないで部分使いすればよかったんだなーと思った。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s