PAT McGRATH Skin Fetish 003 in Golden

2016年ベストコスメの時期PAT McGRATHのハイライターは別格とよく目にして、Metalmorphosis 005でPATさんに開眼した私は欲しいなーと思いながら、Skin Fetish発売時スルーしていたことを後悔していました…

そうしたら公式で再販するというニュースが入ってきて、買うしかないよね!というわけでGoldenを買ったよ!

ぎっちりスパンコール!!

img_1676

開封するのにこんなに興奮する袋が他にあるんだろうか
img_1677

内容は
Fine Gold 003 pigment 0.14 oz.
Golden Shiny Stick highlighter + balm duo 0.26 oz.
Buffer 003 brush
のセットで72ドル
img_1722

見ているだけで幸せ。

Skin FetishはNuneとGoldenの2色展開。もともとゴールドのハイライターが欲しかったのと、Samiさんのブログを参考にGoldenに決めた。

img_1738

Fine Gold 003 Pigment

img_2276

Fine Gold 003 Pigment

このピグメント、届いてしばらくはいろんな光源で眺めてた‥。きれいだ。

img_1779スウォッチするために指に取ったらこれ!
肌の青白さをそのまま再現したような薄いブルーに、夢みたいなゴールドのきらめき。

先述した通り私はゴールドのハイライターを探していて、このピグメントはこんなゴールドが欲しかったんだよー!というゴールド。
肌になじみながらゴールドがちらっちらっと光ってまさに理想通り。そして私の頭の中にあったイメージよりもっとずっと素晴らしかった。

別格とよく目にしたけど、この光り方はたしかに別格。
水面に太陽の光が反射するような、砂漠に光る月が砂つぶをひとつひとつ浮かび上がらせるような、そんなはっとする一瞬を切り取ったみたいに見える。
実用的なのに、うっとりと夢見心地にさせてくれる。

img_2275-1

Balm

バームは無色透明。体温で溶けてオイルに。
オイルなので触ったらもちろん少しペタッとする。でもオイル自体はさらっとしていて、つけていて不快感がない。

単品で使うつもりはなかったんだけど、これだけでハイライトもありだなと思った。
肌に水分が満ちているような透明感のあるツヤで、フレッシュな印象になる。

同じ無色透明なツヤを足すPLAYLISTのうわじはジェル状で肌のキメがわかるようなツヤ、このバームは肌がつるっと見えるようなツヤ。
オイル状のものをハイライトに使うのには抵抗があったんだけど、シマーには出せないこのツヤ感はすごくいいなと思った。

img_2274-1

Highlighter

スティックハイライターはバーム状なんだけど、さらっとしていてベタつきを感じない。

ほとんど色がつかず、光が当たるとゴールドシマーが繊細に輝く。黄みが強くない、肌によくなじむゴールドだから実はゴールドが苦手な私も顔色が沈むことなく使えた。

単品使用だと控えめな輝きで、肌のキメがきれいに見える健康的なツヤを与えてくれる。いい!

img_1826

上からスティックハイライター直塗り、ピグメント指塗り、バーム直塗りにブラシでピグメント、スティックハイライター直塗りにブラシでピグメント。

バームにピグメントだとバームがのりの役割を果たして密着力を高めてくれるので、狙ったところにピタッとピグメントがのってくれる。
ゴールドにほんのり見える青みがきれい。
顔にのせると青みは肌に溶け込んで、透明感を与えてくれる。

スティックハイライターにピグメントだと、スティックハイライターがのりの役割をするのはもちろん、ゴールドにゴールドを重ねることでみちっとシマーが肌を埋めて、輝きとゴールドが強く出る。
でも決して下品になることはなく、あくまで上品で幻想的。

Skin Fetishで謎だったのが、なんでバームとスティックハイライターがセットなのか、なんだけど使ってみると納得のキットだった。いいよーすごくいいよー。
肌になじみながら自然に立体感をだしてくれる、そして美しい!最高のハイライターだった。

PATさんって、この色はこんな人が使う、とかいうイメージがのってないというか純度の高い素材がそこにある感じがして心地いい。

img_1995-1これはバームにピグメントを重ねたところ。
ピグメントの美しさがうまく撮れなかったんけど、肌になじむゴールドというのは伝わるんじゃないかな。

キットについているブラシが再販で日本製から中国製に変わったらしいんだけど、日本製の方は使ったことないので違いはわからない。
小回りがきく大きさで、肌を磨くように薄くピグメントを乗せることができて私は満足してる。

公式で再販後セフォラでも再販されて、公式で買うしか道はないと思っていたから公式で買ったんだけどセフォラで買いたかったな‥というのが正直なところ。公式は送料が高い($25)!

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s